スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「アルカサル-王城- 完結編」 青池保子 

プリンセスゴールド 3+4月特大号(07/02/16(金)発売)
表紙&巻頭カラー100p
この雑誌を買うのは初めてだな。

結末はある程度分かってるとはいえ、過程がどのように描写されているのか。
待ちに待った作品です。

後編は、7+8月号(07/06/16(土)発売)。

以下、感想。ネタバレ含みます。


展開が早いです。
窓枠による説明多し。
人物描写も限定されてます。
しかしページ数が制限されてるのでしょうがないですな。
主人公ドン・ペドロの終焉に向かって一気に駆け抜けていきました。

次回からの主人公はマルティン・ロペスです!という感じで終わりましたが、
次は最終回だし、見事な忠臣っぷりに後編開始早々退場する可能性大ダ。
後編は宿敵エンリケと王国の行末の描写になるのかな。

期待して待ってます!

[ 2007/02/22 19:30 ] [DOL関連]書籍 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://viaje.blog14.fc2.com/tb.php/359-5bd6c8fa


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。