スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イングランドイベント2章まで 

巷でのライザの評判を確かめるべくイングイベントに挑戦!
かなり斜めった感想になりそうです。

以下、ネタバレ含みます。


ライザ顔チンピラに絡まれる主人公。
そこに颯爽と現れチンピラを撃退してくれるライザ様。
すごい善い人に見える!

これで騙される訳ですね。

ライザ&ミドルトン卿の後姿ライザの服装はめっさ凝っておりますな。
金に糸目をつけていなそうだ。

比べてライザ兄・ウィリアムの服装はお手頃価格ぽい。
なんかイロイロ苦労してそうですね。

この後、ミドルトン兄妹よりお使いを任される。
行先はアムステルダムのフレデリク、お金を渡してきて欲しいとのこと。

フレデリク後姿フレデリクの服装も凝ってますね。派手で、伊達男という感じ。
後姿見てちょっと驚き。短剣てそこに装備するもんなの・・・?
何度見てもよくわからんです。

そのお金は受け取れない、受け取って欲しければ手伝いをしてくれ、と
フレデリクからも頼まれる。
んでお手伝いするも、結局ミドルトンのお金は受け取らず・・・。ナンデスト?!
なんか腑に落ちない・・・。イングイベ法則発動なのか、はたまたフレデリク論理なのか。
プレイヤーとイベントキャラとの顔合わせなんでしょうキット。



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://viaje.blog14.fc2.com/tb.php/345-955c7e0a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。