スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『宝島』 

書名:宝島
原書:Treasure Island,1883
著者:R・L・スティーブンソン
訳者:坂井晴彦
画家:寺島龍一
発行年:2002年
発行所:福音館書店


一枚の地図を手がかりに海賊が残した宝物を探しに、いざ大海原へ。
宝物を巡る冒険小説。

息もつかせぬ展開に終始ハラハラします。
なかでもジム少年の大胆な行動に驚かされます。

登場人物が個性豊かに丁寧に描かれています。


なんで今まで読まなかったのだろう?
「冒険」「海洋」モノの古典中の古典でした。

[ 2007/02/15 15:22 ] [DOL関連]書籍 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://viaje.blog14.fc2.com/tb.php/343-f82eb6a6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。