スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『幽霊船から来た少年』 『海賊船の財宝』 

『幽霊船から来た少年』
原題:『CASTAWAY OF THE FLYNG DUTCHMAN』
著者:ブライアン・ジェイクス
訳者:酒井洋子
発行年:2002年12月
発行所:早川書房

『海賊船の財宝』
原題:『THE ANGEL'S COMMAND』
著者:ブライアン・ジェイクス
訳者:酒井洋子
発行年:2004年3月
発行所:早川書房


子供向け冒険小説。
伝説の幽霊船「フライング・ダッチマン号」。
この船に少年と犬が乗り合わせた。
船長と乗組員は永遠に海をさまようことになるが、
少年と犬は船から嵐の海へ投げ出される。
そして永遠の命を得て、天使の命ずるまま世界を旅する。
『幽霊船から来た少年』が一作目、『海賊船の財宝』は続編。


少年と犬が様々な場所を旅し、多くの人と出会い分かれるストーリーです。
物語の設定を把握するために、一作目の冒頭だけでも読むのがお薦めです。
続編の内容に惹かれて読み始めました。舞台は「カリブの海賊」です。
1628年のカリブ。主人公二人はフランス出身の海賊船長と意気投合、
宝を奪おうとおっかけるスペイン人海賊、さらに付け狙うイギリス私掠船。
三者三様です。

こんな扱いされたら反乱起こすわな、という描写もあって大変参考になります。
反乱起こすなら元気なうちにってことですよ。

[ 2006/05/23 22:06 ] [DOL関連]書籍 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://viaje.blog14.fc2.com/tb.php/217-9d535818


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。