スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

遠すぎる?大航海だからさ! 

いきなりプレイしたくなるなるファミコン版大航海時代Ⅰ。

初の財宝探しとなりました。
財宝探しの場合は、
財宝の地図持ってる人を探す→地図を譲り受ける→目的地へ行く
という手順になります。

バレンシアギルドにて「ヒドラのつえ」なるものを探してきて頂戴、
という依頼を受けました。さっそく酒場で情報収集です。

ロンドン酒場娘ナタリーが何か知ってるらしい
→ナタリー「私よりソフィーが知ってるわ」。 ソフィーどこだよボルドーかよ
→ソフィー「地図いる?金貨500枚で譲るわ」。 買います買います
→地図見る。・・・これまでの大航海ライフで移動距離最長クエストのようです!


ヒドラのつえ隠し場所:太平洋側中米
パナマ運河通行すればすぐなんじゃないかな!、という場所です。
当然ながらパナマ運河はナイので南米大陸をぐるっと回って目的地へ行くことになりますわな。
しかしなんだ、南米で交易所がある港はペルナンブーゴだけなんか・・・。

リスボン→ペルナンブーゴ
→南米大陸南端マゼラン海峡。大西洋から太平洋へ
→ひたすら北進して地図に記されている場所へ

移動距離が長いのは、大航海時代シリーズでは当たり前ってことですね!

依頼報酬は金貨160,000枚(うち前金は金貨80,000枚)。

リスボン国王からイスパニア国王への親書配達依頼では、
報酬は金貨16,000枚と爵位でした。


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://viaje.blog14.fc2.com/tb.php/210-75fe9e70


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。