スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

重装船尾楼げと 

重装船尾楼get

重ガレアス,収奪R8(+4),積荷強奪,平日三晩くらい。
この状態で入手できました(奇襲は、副官を連れて来るのを忘れてた)。
個人的にSSの場所が遭遇率が高かったです。
消化砂とネコイラズがきれやしないかと、ちょっとヒヤヒヤ。

これで色付戦列艦を作ろうかと思います。オレンジ色かなー。
材料集めはこれからです。

しかし耐久140の逸品もらっても、むしろ困るだ・・・。

スポンサーサイト

カッパーレッド&ディーパーレッド 

←カッパーレッド&ディーパーレッド→
←左:カッパーレッド

→右:ディーパーレッド

【カッパーレッドの染色料】
髪色を鮮やかな紅色に染める染料。
プライベートファームで生産可(前はライブイベントでもらえた)。

【ディーパーレッドの染色料】
髪色を深みのある赤色に染める染料。
航海者功労特典、航海者60ポイント、ギルドで交換。

「駆引と、取引」 

駆引と、取引。クエ画面船首カロネード砲と金100個(交易品)を閣下に献上して、
政商の転職状を頂くクエストです。
 
セビリア商人ギルド
両替商限定クエスト
貴金属取引7,社交7,アラビア語(身体言語でも可能)
前提「ポエニ戦争の爪跡」←希少。フラ・ヴェネのイベントを進める為に必要なアレ。カルタゴ遺跡。
陸戦あり

BCで百勝 

まだ百勝してなかったのかよッ!

あと1勝が遠い・・・、という状態で前回BC終えてました。
(前回10月だった気がする)

ようやくマレシャルを着ることができます。
操舵+2ですかー。良い装備だの。

マレシャルでアピール

「士官からの依頼」で砲撃スキル上げ 

あと500くらい稼ぐと水平射撃が上がるので、
チュニス海事クエ「士官からの依頼」
で修行。砲撃スキル上げといえばこのクエが有名ですね。
初めて挑戦しましたが、噂通りの良い経験値。

効率は、
5基一斉射撃>1基ずつ打ち分け(通称・ペチペチ)
なんだそうですが、手持ちの5基船はMAX戦列艦しかなく耐久削れるのがイヤなので、重ガレアス。
そして何故か4基一斉射撃という、最低に効率悪い方法をしてましたが、それでも早いと思いました。
30-60分だったかな??(うろ覚え)

第41回大海戦ジェノヴァ防衛 三日目 

三日目は商会艦隊で三連戦。

提督はおまかせーの、情報茶室もおまかせーの。
で、相手を落とせたかといえばそうでもなく、支援もイマイチな私。
SSでも撮ればよかったの。
ツール? 何も見えないし、何も聞こえないな・・・。

本日も楽しめました。
近々またあると良いな。

第41回大海戦三日目戦果

参加者の皆さん、お疲れ様でした。
第41回大海戦記念撮影

[ 2009/03/15 23:42 ] [大航海時代Online]大海戦 | TB(0) | CM(0)

第41回大海戦一日目 「ジェノヴァ守り隊」 

大海戦は楽しー!

本日は、大型・野良・Nメイン。
その場のノリと勢いで、つい提督やってしまいました。
半年ぶりの参戦で、いろいろ忘れてました。変装グッズ、会戦海域、操作方法、などなど。

混乱→ガレアスと白兵→拿捕orz→アルジェ入れん・・・、パルマで編成だ!
→「会戦海域外なら洋上で編成可能ですよ」→ナンダッテー

情報茶室は大事ですね。
N狩りなのに入らず、大層迷走してしまいました。

「ジェノヴァ守り隊」は我らがペアの合言葉で、変化形も混ぜつつ皆様使用してました。
提督じゃなかったら参加したかったw

第41回大海戦一日目戦果

[ 2009/03/13 23:59 ] [大航海時代Online]大海戦 | TB(0) | CM(0)

『ハポン追跡』逢坂剛 

まず、『ジャガーになった男』(集英社文庫) の、井家上隆幸氏の解説から引用。

"イスパニフィロ"といったか、スペイン中毒者としては日本では五本の指に入るだろう中丸明が、(以下略)

中丸明は、90年代から四年にわたって日本-メキシコ-スペインと支倉使節団の足跡を追って『支倉常長異聞』(宝島社)を書き、逢坂剛は『ハポン追跡』(講談社)を書いた。


現代スペインのセビリア郊外の町、コリア・デル・リオに、ハポン(Japon)つまりスペイン語で「日本」という意味の姓を名乗る人たちが住んでいて、支倉使節団の末裔ではないかと考えられてるそうな。
ハポン姓の人々が「先祖は日本人だ」と述べている、発生した時代は使節団と符合する、
ということで推測の域を出ず、決定付ける史料はないようです。でも浪漫あふれる仮定だと思います。

『支倉常長異聞』と『ハポン追跡』は、ハポン一族をとりあげている本ですが、
私は前者を読んでいないので、後者の感想をば。



ハポン追跡ハポン追跡
(1992/10)
逢坂 剛

商品詳細を見る

スペインマニアでなんでも屋の岡坂神策を主人公とした、表題含む5作の短編集です。
日常の出来事が事件に発展し、スペインあれこれと絡まったところを主人公が解決のお手伝いをする、
といった内容です。

「ハポン追跡」は、ハポン一族の由来・説明・解説にページを割いていて、事件のほうはオマケのような感じ。
あっという間の60ページでした。

[ 2009/03/09 01:56 ] [DOL関連]書籍 | TB(0) | CM(0)

『ジャガーになった男』佐藤賢一 

「各国亡命の間に、その国に関連があり、かつ大航海時代っぽい本を読むぞー!」
と思った気がしますが、結局ちっとも読んでませんでした。
まぁ国にはこだわらないで、大航海ぽいのを読むとしよう。



ジャガーになった男 (集英社文庫)ジャガーになった男 (集英社文庫)
(1997/11)
佐藤 賢一

商品詳細を見る

【あらすじ】
伊達藩士・斉藤小兵太寅吉は、支倉常長遣欧使節団に加わり、イスパニアへ向かう。
そこで一人のイダルゴと意気投合し戦場に赴くために、使節団と決別し、イスパニアに残る決心をする。

[ 2009/03/08 23:56 ] [DOL関連]書籍 | TB(0) | CM(0)

またログインしてみました 

久しぶりに出航しました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。