スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

商用ジーベックに乗れるようになりました 

冒険レベル25に到達し、商ジベに乗れるようになりました。

墓荒らしナイル中流上陸地点・カイロ西上陸地点・アレクサンドリア西上陸地点、この3ヶ所を捜索するクエストを主にしてました。
まぁつまり、墓荒らしってことですな!

危険海域ですがPKはあんまりおらず。
ヒヤッとすることは数回ありましたが、襲われませんでした。

会長から譲ってもらった商用ジーベック船は、会長Lさんから譲っていただきました。
  参照:模擬戦GO!

毎回のことながら面白い船名つけますな~。
これはなんて読めばいいのだろうか・・。


スポンサーサイト

カネが持ちきれません! 

ファミコン版大航海時代(初代)のプレイ日記です。

にからまって、ゲームオーバー

に遭遇して、ゲームオーバー

海賊に戦闘しかけちゃって、ゲームオーバー

こまめにセーブ、というRPGの基本をようやっと思い出しましたよっと。

サンジョルジュで宗教学上げ 

宗教学あげにもってこいと聞いて、いそいそと出かけました。
宗教学ランク3からいけるそうな。

サンジョ→サントメ→サントメ北東上陸地点、をグルグル。
もしくは、サンジョ→アルギン→アルギン西上陸地点。

宗教も探索も開錠も経験値入るのですが・・・、
同じクエばっかで飽きた!! 半日で挫折ですorz

シェラン収奪艦隊 

シェラン収奪艦隊クエ画面
なかなか出ませんですね、このクエスト。ロンドン海事クエストで海軍士官転職です。
以前、銅製フリゲート乗ってソロで挑戦したのですが、すごすご帰ってきた覚えが。
今回は偶々出たので紹介シャウトでも・・・と思ったのですが、成行きで同伴することになりました。
5人集合でコペンハーゲンへ。

クエスト変化とは 

「途中でクエストが変化する」。
何のこっちゃいなと思っておりましたが、一度体験してようやくわかりましたヨ。

ベルベットジュストコール着用ですよ 

ベルベットジュストコールベルベットジュストコールをget!
セビリアシャウトで買えました。700kなり。
なんと大分前に羊皮革ペチコートを売ってくださった方でした。
私はプレイ始めたばかりの頃だったので覚えてましたわい。
欲を言えば、ジュストコール→ベルベットジュストコール、
で色違いの様子も確認してみたいのです。

これは冒険職限定の装備なんですよね。転職した甲斐がありました。
というかこれで冒険職になった目的の半分は達成です!
後は、飽きるまで冒険すればいいや。

オフゲーならではの結末 

オフ版大航海時代1プレイ日記でございます。

何隻かの船を所持でき、艦隊も組めるのですな(画面上は1隻のようですが)。
荷物たくさん積めたほうがもうけやすいので、早速中古ナオ購入。

また交易所に行くと「○○(交易品)を△個、もってこいや」という、
いわゆるおつかいが発生しますね。

ロンドンにてサンゴもってこいという依頼を受けました。
サンゴ?サンゴならカリブだな!!
リスボン→ボルドーが1分そこそこで着くから、(オンライン版より)早く到着するに違いない!
・・・てなわけで、ラテンとナオ2隻で一路カリブへ。

賞金稼ぎ限定クエして軍人一休み 

大海戦も終わったことだし軍人稼業は一休みすることに。
最後に賞金稼ぎ限定クエをしてきました。
イスパニア賞金首討伐クエ画面ガレオン4隻。
砲撃で潰す予定でしたが、
操作手違いで旗艦と白兵→拿捕、クエ達成。
あっさり終わっちゃった・・・!

そんでもってカリブ土産パイナポーをもってセビ帰還。
・・・の予定が相場が高かったので、ちょっと待ってみたのですが。
パイナップル190%
待っても無駄でした。
むしろ見たことない値段になってしまいましたorz


ファミコン版大航海時代 

大航海時代シリーズはOnline版が初プレイな私ですが、中古ゲームソフト屋で
ファミコン版大航海時代(無印) を見つけたので入手しました。800円でお買い上げ。
箱も説明書もナイので、勘と気合とオンライン版参照で早速プレイ開始。

オープニングテーマ曲がオンライン版とちょっとかぶってて感激。
主人公はポルトガル出身、リスボンスタート。
まずは近海交易から、ということなのでリスボン北のオポルトへ。
ところがちっとも見えてきません。
おかしいなぁ~、と危ぶんでいたら港発見。ボルドーでした。
リスボン南のファロはどうだろうと向かってみたらセビリアに着いてしまいました。
初代はオポルトもファロもないのですね。
なんか新鮮な気分!

実在した理想郷 

実在した理想郷クエ画面戦術+2の鎧が出るということでお供させていただきました、
商会のスプさんに。


第10回大海戦アテネ攻略 三日間まとめ 

中型:15%減量チーク製フリゲート
大型:15%減量鉄製戦闘用ガレオン
で参加しました。

シラクサで準備し、カンディア(ヴェネティア同盟港)から出撃です。
数はイスパニア連合(イスパ&フランス&ヴェネ)が圧倒的に多い。
なのでイングランド艦隊を求めてウロウロしてました。
イングは青ゾーンから見極めて出撃していた模様。
・・・まぁ私のPCではサッパリ見えなかったわけですが。
表示数最低(10)・ウィンドモードで動くことは動きました。
表示数最大(100)にするとお話にならない重さ。50でも駄目駄目。


[ 2006/01/09 23:46 ] [大航海時代Online]大海戦 | TB(0) | CM(2)

第10回大海戦アテネ攻略 クラス別実装に一言 

今回からクラス別実装と相成りました。
船が小型・中型・大型とクラス分けされ、クラス毎に海戦です。

実施時間は次の通り。
  小型 20:00-21:00
  中型 21:00-22:00
  大型 22:00-23:00

もっと時間に余裕が欲しかったですよ。
クラス毎に艦隊組替だし、同じメンバーで行くとしても
船乗換・荷物積込で準備することに変わりはありませんでした。
連戦となると、どうしてもフルタイムで戦えませんし・・・。

まとめ役さん達、超!大変そうでした。
小型だけ参加、小型&大型参加、3連戦!etc. というように組み合わせが多いし。
参加者全員イロイロ疲れる大海戦だったかと思います。

[ 2006/01/09 23:31 ] [大航海時代Online]大海戦 | TB(0) | CM(0)

ダイヤ2,550ディカート 

造船王ポティトさんにくっついてダイヤ買付に行きました。
セビリア発、サンジョルジュ経由、カリビブ産ダイヤ購入の旅でございます。
サンジョでは象牙クエ受けました。
象牙5本をリスボンへ納入すると、カテゴリー4がもらえるそうな。

ダイヤ買付387個
この値段で387個購入。
手持ちの船が商用サムブークしかないもので、これが限界ですわい。
カテゴリー4は10枚使いませんでした。





イスパニアイベント30章 

イスパニアイベント30章についてです。
今のところこれでおしまいの模様。

回避上げ飽きましたよ 

回避上げてます。
イベント上げ失敗でかなりやる気ダウンしてますが・・・。
しかし何故上げているのだろう・・・?
とりあえず区切りのよさそうなところまで頑張りました。

士官からの依頼クエ画面このクエストが回避経験値が結構入るそうな。
捕捉場所はパルマ西です。

モスタガネム海賊がんばったよ、がんばったさ。
しかしもう限界です。
だりぃ~~~、の一言に尽きます。
スキル上げとはツライものなんでしょうけどね。

第10回大海戦 

3ヶ月ぶりの大海戦ですよ。
投票でやきもきしてましたぜ。
ゼフィロス鯖はポルトガル領シエラレオネとイングランド領アテネで票が分かれました。
私はアテネに入れました。
近いっていいなぁ~、イングと対戦してみたい、というのが理由です。
あとシエラ遠い・・・。

結果はアテネになりましたが、どこになっても参加は揺らぎません。
さて準備準備、と。

[ 2006/01/06 20:27 ] [大航海時代Online]大海戦 | TB(0) | CM(2)

4人で幽霊船 

商会メンバー4人で幽霊船クエスト。
結論から言いますと破棄したわけですが、なんかいけそうとのこと。
大海戦終わったら挑戦しようぜ!フル装備で!!

GMコール 

確認したいことがありまして、ゲームマスターに問い合わせてみました。
[システム]→[ゲームマスターサポート]→[その他の問い合わせをする]

問い合わせ事項を送信して数分で返答がありました。早ェエ~!
GMて呼べば応じてくれるんですな。
つーか普通のオンラインゲームではこれが当たり前なのかな。

商会メンバー8人で艦隊のゆくえ 

艦隊のゆくえ、またまた挑戦です。

前回の挑戦:艦隊のゆくえ ★10 → 艦隊のゆくえ 再チャレンジ
今回はall商会メンバー、8名で出撃です。
クエスト受け艦隊5名、援軍艦隊3名です。私は援軍組み。
前と同じくらい時間かかるだろうな~と覚悟して気合を入れてましたが、
予想よりずっと早く終わりました。

イスパニアイベント29章 

イスパニアイベント29章についてです。
イベント29章の途中 & 回避上げ の続き。
終わりました。いろんな意味で。

黄金の鹿 

新年明けましておめでとうございます。
黄金の鹿クエスト
やっと出ました、賞金稼ぎ転職クエスト。
2006年最初のクエストとなりました。
クエスト読んでやっと意味がわかりました。
フランシス・ドレイクのゴールデン・ハインドでしたか。
その辺に野生の鹿狩り行くのかと思ってたましたヨorz

シャウトしてみたのですが、誰も捕まらず。
ということで商会メンバーにお願いして、4人で行くことになりました。
リスボン真西のアゾレス諸島へ向けて出発です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。